持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます

>>>詳しくはこちら

弊社は自然環境に優しい竹製品で持続可能な編物文化の継承と振興に貢献して行くことが重要だと考えて、日々の経営活動を行っております。竹の成長は非常に早く再生サイクルが早いため再生可能な資源です。竹の活用は環境への負荷が低く、あみ針のような竹製品を作る目的で伐採することは、森林保護にも繋がっています。環境に優しい自然素材であるという事も多くの人々に長く愛されている理由の一つです。
持続可能な社会生活に適合する弊社の竹編針の生産活動はSDGs[Sustainable Development Goals]持続可能な開発目標と合致しており、弊社は下記の項目を自己宣言をしております。

SDGs目標7: すべての⼈々に⼿ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネ ルギーへのアクセスを確保する
SDGs目標12: 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
SDGs目標15: 陸上生態系の保護、回復及び持続可能な利用の推進